このページは、現在すたれつつある8mmフィルムやその機材、および製作技術を後世にまで残すべく立ち上げた記録媒体です


by 宮澤英夫
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 先日、12月1日に行なわれた私の上映「大活動寫眞會弐 REAL FILM FESTIVAL」そのレポートをきちんと載せる予定でしたが………

 いらした観客が5人、うち外部の方が2人と、準備自体に追われてパブリシティ不足で惨憺たる結果になってしまい(自主映画上映会ではよくあることですが)、まともな反響も頂けずレポートのし様がありません。
 ほぼ内輪の試写会になってしまいました。

 シンポジウムは少し身のあるものになりましたが、公開にはまだ編修が必要です。
 代わりに、今回上映した新作をyoutubeに上げましたので、ここで特別公開します。

 前年より製作を行なっていた、宮澤動画工房の新作8mm映画「死刑代執行人」、その前半部HD版です。


# by 8mmhozon | 2012-12-06 22:52 | 宮澤動画工房自主企画

「特撮博物館」全国巡回展示決定記念、前々回に紹介した「巨神兵東京に現わる」ミニチュアセット8mmフィルム撮影映像をテレシネリマスター、再構成しました!
映像も伴奏も前回よりパワーアップしてます!ぜひ御覧ください!!
# by 8mmhozon | 2012-11-25 08:41 | 映像作品公開
12月1日に佐賀市歴史民俗館で、再び8mmフィルムのイベントを敢行します_f0238564_1412346.jpg
日時、会場、連絡先は上掲ポスターの通りです。

現在、イベントで上映が確定している作品をリスト形式で紹介いたします。

「私立戦隊西南Ⅴ」第2話OPアニメ(4分) 監督 原 俊夫 (はら としお)
  ・1984年(8mm・ビデオ上映)西南学院高校有志 製作
「日々好日」(15分) 監督 宮澤英夫(みやざわ ひでお)
  ・1989年(8mm・モノクロ)九州大学映画研究部 製作
「hi-lite」抜粋(7分)監督 墨岡雅聡(すみおか まさあき)
  ・1986年(8mm・ビデオ上映)西南学院大学映画研究部 製作
               ぴあフィルムフェスティバル 入賞
「特撮博物館『巨神兵東京に現わる』ミニチュアセット」
  ・2012年(8mm)撮影 宮澤英夫(2分)  
「死刑代執行人」(30分)監督 宮澤英夫
  ・2102年(8mm) 宮澤動画工房 製作

 fbページにても各種情報を公開いたしております。
大活動寫眞會 弐 REAL FILM FESTIVAL~ビデオからフィルムへ~
http://www.facebook.com/events/297348630364910/
 

 フィルムの存亡に関するシンポジウムを、併せて行ないます。
 他にも上映を予定している作品がございます。お楽しみに
# by 8mmhozon | 2012-11-23 14:15 | 自主上映会告知

特撮博物館の「巨神兵東京に現わる」ミニチュアセット撮影ブースを、なんと8mmフィルムで撮ってしまいました!

かの「愛國戦隊大日本」や「DAICON帰ってきたウルトラマン」と同じ映像フォーマットです。
スタジオ照明に対し低感度フィルム(singli-8 R25N)を用いたため露出過少やピンボケがございますが、何とか鑑賞に堪えるよう宮澤動画工房の映像ラボにて最低限の処理をいたしました。
使用した8mmカメラは、なんとあの島本和彦先生も大阪芸大時代に使用されていた、fujica single-8 P300です。

そして何より、特撮を撮るならフィルムでしょう!
# by 8mmhozon | 2012-10-02 12:37 | 映像作品公開

ついに私もZC1000+α

 またまた間を置いて久々の投稿です。

 8mm機材蒐集の極北といえば、ZC1000とP-COM(GS-1200のコンピューター制御版)。
 先々また佐賀市内で8mmイベントを行ないますので、上映用にGSが必要かな、などと考えていたら、某先輩に「フジのSD-20持ってるなら別に仕事用のGS入れる必要ないし、STシリーズ以降のELMOの映写機は機構的に皆同じ。却ってSD-20・25のクォーツ制御(秒間18/24コマで完全シンクロする)の方が貴重」と教えて頂き、高い金払ってまでのGS導入は不要と判断しました。
 そしてZCといえば、私の自論として『コマ単位の制御とか、逆転撮影とかは機能として特殊過ぎ。懲りたいならZ800で充分だし、ZCは金食い虫な上、故障の巣窟。安けりゃ考えても良い』と某オクで100k以上するZCの出品を横目で見る程度でした。
 そしたら。
 ありました。安いZCが。
ついに私もZC1000+α_f0238564_22412561.jpg
 その某オクで、何と20k。いくらフジがフィルム終えるからって、ZCは海外含めまだ根強い人気はあります。それが、ジャンク8mmカメラ上限をちょい上回る値段で手に入ったんですね。

 しかし、レンズが違います。標準装備のFUJINON10倍ではありません。
 実はこれレンズ無し現状で出品されていたもので、もちろんCマウントのその先は付いてませんでした。
 ところが入札に到る少し前、地元佐賀市内のリサイクル店で、偶然にもCマウント交換レンズ式のビデオカメラを手に入れていたのです。レンズはCANONのTV ZOOM。
 マディ折原さんのブログでも同じことをされていましたが、実は普通にCマウントレンズを購入しようとすると、現在でも結構かかります。極端に安いのでなければ、レンズのジャンクは使用可と等価だし、Cマウントはユニバーサル規格なので需要もそれなりにあり、目的無しではホイホイ買えません。だから、ビデオカメラのジャンク付属のレンズで間に合わせる形になった訳です(購入を決めたのはレンズが先なので、結果的にですが)。
 もちろんボディのみとはいえ、ZCで20kは破格です。フィルムカウンターが動きませんが、今のところ私がそこまで使う撮影の予定は皆無なので、お飾り目的込みで落としてしまいました。

 さてZCも入ったので、もういい加減入手する機材もないだろう、と思っていたら、ZCと同時期にこんなものも出品されてました。
ついに私もZC1000+α_f0238564_236547.jpg
 8mmのエディターと併せて記事が載っていましたが、形状からして16mmのビューワーです。マイネッテのものです。そもそも中々出るものではないのに、始まりはまたも破格の1kでした。
 目聡いコレクターと少し競りましたが、ギリ10k以下で落とせました。16mm撮影を行なうのでなければアンティークとしての価値は皆無なので、実用優先の私が寄り切ったのです。
 しかも通電不可の完全ジャンクでしたが、清掃しようと中を開けるとラッキーなことに、ソケットの横に代えのランプが付属してました。付け替えると生きてます。駆動部もガタつかず回りました。
 もちろん経年物なのでしっかりしたメンテは必要ですが、これで16mm環境はカメラ3台、映写機2台、空リール数本、今回でビューワーが揃い、あと必要なものはリワインダーのみとなり、これは時間の問題でしょう。

 そんなこんなで件の骨折騒動から退院して復帰した早々、必要かと思っていた機材がほぼすべて揃ってしまいました。

 そんな機材揃えるの大したことない、とお思いの諸兄、フィルム関係の地域格差が相当なものであることをご考慮ください。何せ現状single-8の現像中日は1ヶ月、と公称では申しますが、九州から出すと確実に一ヵ月半以上は掛かってしまうのです。新宿ムービーやカメラのキムラ時代を知ってる私でさえ、こちらではフィルム1本調達するのに物凄い苦労を強いられるのです(さすがにネット環境整備で困難は薄れましたが)。

 先ほども書いた通り、製作やイベント、出品なんかを画策していますが、それは期が近づいた後の投稿で告知することと致します。宮澤動画工房自体も、ちょっと経営展開を考えております。秘密の企画も企ててますので、請うご期待。
# by 8mmhozon | 2012-09-09 23:43 | 8mm機材