このページは、現在すたれつつある8mmフィルムやその機材、および製作技術を後世にまで残すべく立ち上げた記録媒体です


by 宮澤英夫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「8mm技術保存研究所」の活動指針

 今回で「8mm技術保存研究所」の具体的な活動内容を明らかにする、というようなことを前回に記しておりましたが、実は私が旗印を揚げて積極的に動き、他人も動かす、などという活動は当分は行わないつもりです。
 なにぶん私にも本職、というか抱えている仕事が複数ありまして、その上さまざまな有償無償の活動を行っており、当分の間こちらの方はあくまで趣味の一環というスタンスで進めていきたいと考えています。

 ではさし当たって、具体的に私が何をする予定かというと、

1・ 筑後平野エリア(佐賀県南東部、福岡県南西部)のリサイクルショップや質屋の店頭に置かれた8mm機材の確認(数量、保存状況、状態など)、その報告。

2・ 可能な限り上記の機材(故障機も含む)を当方で購入し、保存体制を整えること、そしてその報告。

3・ 当方が保有している8mm関連雑誌・書籍のデジタルデータ化。

 現時点ではこのような活動を当ブログにて行うつもりです。
 1と2については説明するまでもないでしょう。何か動きがあれば、その都度ここで報告いたします。
 そして3に関しては、ひたすら書籍の全ページをスキャナで取り込んでJPG形式のファイルで保存、しかる後に編集作業を行なう、という孤独な作業になるようです。そしてこれもある程度作業が進めば、この場で逐次報告する予定です。

 そしてある程度体勢が整った際、次の段階への移行を考慮に入れます。

4・ 現時点での8mm事情の調査、把握、およびその報告。

5・ 当方が保持する8mm作品の製作技術の記録、公開。

6・ 3で作成したデジタルデータの公開。

 4で挙げた8mm事情とは、8mmフィルムおよび関連消耗品の販売状況、メーカー側の8mm機材の修理体勢などを指します。これについてはネットで調べた方が早いとも思われますが、私は現役時代にも同じことを行なっており、その時の経験から単に媒体づてのみで集めるより、直接問い合わせた方が細かい情報や事情などがつかめると思いますので、時間はかかりますが私なりのやり方で進める予定です。もちろんまず先に、ネット上で散見されるそれらの情報を取りまとめる作業を行ないます。
 5についてはきわめて個人的な仕事になるので、特に問題ないでしょう。
 6に関しては、頒布の方式が問題となります。ネット上で公開することはもちろん視野に入れていますが、さし当たってはディスクに焼いて私の作品集と同様、八戸窯において実費で配布することになるでしょう。これもまた、取り込みと編集作業で時間をかなり取られるので、当分先の話になります。その間に、どういう体勢を取ればよいかを考慮します。

 今後の展望として、2で収集した機材を元手に、修理技術を習得することも視野に入れています。これに関しては問題が山ほどありますので、また追い追い考えていくことにします。
 また、他の組織では会員に当たる、研究所員というものを募集することも考えています。そしてゆくゆくはそれらの方々とともにこの研究所を運営しようという構想を持っていますが、それもまたずっと先のことになりそうです。

 ともかく始動したばかりで、進めるうち不備が百出すると思います。
 ですのでしばらくは「宮澤英夫マガジン」と同じく記事形式、こちらは不定期で、記事が掲載できる形にまとまった折々に更新するようにいたします。
 そして記事をご覧いただいたのち、よろしければご意見ご感想をcomment欄にお寄せください。今後の展開の参考にいたしたく存じます。

管理人 宮澤英夫


※次回は、私が所有する8mm機材のリストおよびデータを紹介する予定です。
by 8mmhozon | 2010-04-30 02:19 | 活動指針