このページは、現在すたれつつある8mmフィルムやその機材、および製作技術を後世にまで残すべく立ち上げた記録媒体です


by 宮澤英夫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

宮澤動画工房、海外展開Ⅰ・ウチにドイツがやってきた!

下の書類を見てください。
f0238564_23411984.jpg
一見なに書いてあるかわからないと思いますが、これはドイツのwittner-kinetek という業者と個人輸入取引をした際作成された、確認用の注文書です。使用言語もドイツ語です。
wittner-kinetek(cinetec)といえば8ミリ初心者を脱した人ならご存じと思いますが、小型映画(9.5mm,ダブル8,Supe8,single-8)の素材や部品を扱っている、 世界屈指の小型映画netshopです。
私は昨年末、市内で古い8mmフィルム上映会を催しましたが、その準備段階でどうしても国内では手に入らない素材があり、たまたま赴いていたCINEVIS8&16の北さんからwittnerの話を伺い、英語やドイツ語が出来るならアクセスしてみたら、とそそのかされ、自宅でwittnerとの接触、個人輸入を試みました。
しかし向こうも商売でした、オーダーフォームに必要な商品名と、価格、送料、手数料を確認するだけで、発注自体は何の問題もありませんでした。
しかし私はビジネス上のやり取りだけでは飽きたらず、先方に送る到着確認用書類に、ビジネスを超えた思いの丈を英文で叩きつけました。
f0238564_08159.jpg
本当に熱い文章はこの後に続くのですが、要は「貴社のおかげでいろいろ大変助かりました、またピンチになればアクセスさせてください!」という内容です。
すると、こんな返信がやってきたのです。
f0238564_013618.jpg
これも要約すると「お話承りました。何かありましたらいつでもおっしゃってください」というものでした!

もちろん大学まで英語の教科は学んでおりました。しかし実生活や職務で英語を使う機会がないので、机上の修練ばかり続けているうち、自分は到底英語は使えない、と八割諦めてました。
しかし必要に迫られ、辞書や翻訳サイトなんか利用してやりとりするうち自然に身に付き、今では原書や英語のサイトも、以前よりは気楽に開けるようになりました。

そして一旦使えると味を染めると間髪置かず次のターゲットを探し出し、果ては海外の個人通販、オークションサイト「ebay」にまで突入してしまいました。画像が横倒しになってますが。
f0238564_0362330.jpg
Eumig T180という、日本ではなかなかお目にかからないDS兼用映写機を個人輸入したのです。どうかしてます。しかも出品者はまたもドイツ人です。

海外ネット遠征話はこれからも尽きませんが、次は上の発注案件に関するエピソード、また取引中に起きたハプニングなどを載せる所存です。では。

ちなみに、今回利用した海外サイトのリンクを貼っておきます。

 wittner-cinetec http://www.wittner-cinetec.com/katalog/00_home/index.php

 ebay http://www.ebay.com/?redirect=mobile
by 8mmhozon | 2012-06-14 00:51 | 活動指針