このページは、現在すたれつつある8mmフィルムやその機材、および製作技術を後世にまで残すべく立ち上げた記録媒体です


by 宮澤英夫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 本来なら今時分、「宮澤動画工房」の公式サイトを製作している真っ最中、なはずですが、私個人の別の仕事が立て込んだり何たりして、新サイト開設の目処さえ立っていない状態ですので、しばらくは8mmに関する新着の話題を継続してここの枠で発表します。

 さて、先日私が某ネット経由で手に入れたELMO K-100SMのジャンク品(ベルト切れ、ランプ不点灯)をどうにかできないかと考えていたところ、別枠で求めた映写機に例の「8mm映写機修理の友」バンコードが同封されていたのです。しかも少なく見て二台はまかなえそうな分量だったので、どうせ8mm関係の仕事を始めるのだから映写機の駆動系ぐらい直せるようになろう、と考え、関係業者のご助言やネットの情報なんかを頼りに、ほぼ手探り見よう見まねで修理に着手しました。
f0238564_2435511.jpg
f0238564_2451992.jpg
おなじみのK-100SM。操作側のフタを開けるとこんな感じで、意外にシンプル
f0238564_25062.jpg
f0238564_2512440.jpg
ランプの基台接点が金属腐食で詰まっていたので、穴を開け直し清掃・研磨
f0238564_2561972.jpg
f0238564_2573932.jpg
上の部分にベルトをかますのは一見複雑そうですが、筐の裏にちゃんとメンテ用のガイドが
f0238564_331175.jpg
f0238564_36226.jpg
あとは防熱ガラスの腐食部を磨くだけですが、これの修復には膨大な時間がかかるようです。


 コードの接合部は写真の真ん中辺りで、工程としては両断面をヒートカッターで熱してくっつけます。バリが目立ちますが強度は充分です

 上記の通り、駆動系・電気系は手を入れて充分に動く状態で、あとは防熱ガラスの研磨と細部の調節を施せば何とか使える状態にはなりそうな感じです。
 本当にほんの先日まで、自前で映写機を直す発想自体が頭になかったのですが、こうやって試行錯誤込みでいじってみると、臆することなく手を入れてやれば意外に動かせるものだな、と少しだけカルチャーショックでした。

 今日の日本ではリユース、リユーズの意識が、例の大災害の影響である程度喚起されてはいるようですが、省資源の要であるリサイクルにまでは発想すら至らないようです。何より自分で直して充分使えるのであれば無駄な購入費+経費も押さえられますが、普遍的にそんな意識が敷衍するのに今の日本では、まだまだ時間が必要なようです。

 何れにせよ、殊8ミリフィルムに関してはメーカーを含め誰も分担や肩代わりをしてくれない状態なので、私個人で出来ることを試して、うまく行けばこの場、もしくは「宮澤動画工房」の枠内で発表する所存です。
by 8mmhozon | 2011-04-23 03:57 | 8mm機材

3.11

 3.11
 私、宮澤英夫(西岡英和)の誕生日であります。
 そして某メールマガジンなどで、9.11に倣ったのか東日本大震災を指す言葉として用いられています。

 本厄を迎えたこの折、ちょうど私も複数の新しい事業を立ち上げようと画策し、何とか年度代わりには新体制が敷ける、と意気高揚していたところでした。

 その晩にいちおう内々で誕生パーティーなどを開いてもらったのですが、グラスを傾ける傍らテレビ画面から悲惨を超える超衝撃的な映像と、背筋が凍結どころか石化にまで至るような報道が次々と押し寄せ、この先日本はどうなってしまうのだろう、と酔いで紛らすことも出来ず、とりあえず明日は朝一で毛布をあるだけ洗おうなどと決心していました。

 その後の展開は皆さんご存知の通りで、原発の件を覗けば、それでも困難な道のりではあるかもしれませんが、恐慌と比する混乱も生じず(まだ放射能云々でバインドがかかっている部分がありますが)着々と復興に向け全日本が動き始め、全世界も他人事ならざる災厄と見て援助を惜しまない姿勢が大勢を占めているようです。

 そして私も、映像製作において佐賀の素材を自分自身のために利用しよう、という発想のもと活動を展開しようという意向が存したのですが、この度の震災を受けて意識のベクトルが少し変化し、また震災直前に発覚した映像に関する別の要因にも基づいて、ある程度事業内容を変更することにしました。
 もちろん復興支援に寄与する映像コンテンツの製作やそれに類する活動、また佐賀の地盤を一方的に利用するばかりでなく佐賀在住の方々に直接訴えるような映像制作、そしてプレゼンテーションに力を入れることにしました。

 で、何やかやと進めたり指針を変えたりしている状態で心身ともに辛い状態ではないかというとそうでもなく、むしろこんな状況だからこそ燃えております。
 殊に他人のことなど無関心を通り越して、不可侵であるのが得策だと割り切る日本人の風潮を、もとより苦々しく思っていたところですが、コレがあって以来どうでも意識を変えざるを得なくなったようで、自発的に何か他人のために自分が出来ることをしよう、という意向が大勢となり、それと同時に、何々があったから不謹慎と見て自粛しよう、という経済総体の遅延を招く不毛な形式的思考停止に陥る頻度も少なくはなったようです。それでもまだ、直接被害や影響の及ばない地域の愚者が被災地に想いを馳せないばかりか、被災者の気持ちを汲もうとせず自分たちと同じ環境にいる感覚で、勝手な言を弄ずる例も少なくありません。

 しかし震災以前の日本人に蔓延していた「豊かで当たり前」という贅沢で愚昧な空気は取り払われつつあるようですから、私のように「自分でやろう」と考える人間にとって動きやすい環境にシフトしかかっているのは事実で、この基盤の元でいかにさまざまな展開を仕掛けていこうか、などと楽しい悲鳴をただいまの私は挙げております。

 ということで、何の因果か折も折、私の誕生日に日本の危機が始まってしまいましたが、私自身はこの逆風をセイリングテクニックによって正の推進力に変換するつもりです。
 そのメルクマール(指標)として、事業自体は既に動き出していますが、ここで正式に、

映像製作所「宮澤動画工房」立ち上げを宣言します。 そして発足期日は、いかにもな感じですが2011.3.11と致します。
 こんな状況下なので、本始動はしばらく後となります。始動後の活動予定などはまた後ほど、追々固まり次第お伝えすることに致します。では。

 そして当ブログ「8mm技術保存研究所」も、その発展形である「宮澤動画工房」発足を以って私の映像活動をお伝えする媒体としては、第一線から退ける所存です。
 それでも当ブログ自体を抹消するのではなく、活動指針や機材データなどの記載内容を新たに作成する「宮澤動画工房」サイトに移設し、サイト完成後は過去ログとしてサイトメニューの片隅に置いておくことにします。
 その「宮澤動画工房」公式サイトをまた新たにHTMLなど用いて作成するのか、それとも有料のアドバンス契約に切り換え現行のブログでHP様に仕立てるか、まだ明確な方針は立てておりませんが、いずれにしろもう少し見栄えよく多機能なサイトを用意する所存です。
by 8mmhozon | 2011-04-05 01:56 | その他