このページは、現在すたれつつある8mmフィルムやその機材、および製作技術を後世にまで残すべく立ち上げた記録媒体です


by 宮澤英夫
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:宮澤動画工房 ( 7 ) タグの人気記事

 先日、12月1日に行なわれた私の上映「大活動寫眞會弐 REAL FILM FESTIVAL」そのレポートをきちんと載せる予定でしたが………

 いらした観客が5人、うち外部の方が2人と、準備自体に追われてパブリシティ不足で惨憺たる結果になってしまい(自主映画上映会ではよくあることですが)、まともな反響も頂けずレポートのし様がありません。
 ほぼ内輪の試写会になってしまいました。

 シンポジウムは少し身のあるものになりましたが、公開にはまだ編修が必要です。
 代わりに、今回上映した新作をyoutubeに上げましたので、ここで特別公開します。

 前年より製作を行なっていた、宮澤動画工房の新作8mm映画「死刑代執行人」、その前半部HD版です。


by 8mmhozon | 2012-12-06 22:52 | 宮澤動画工房自主企画
f0238564_1412346.jpg
日時、会場、連絡先は上掲ポスターの通りです。

現在、イベントで上映が確定している作品をリスト形式で紹介いたします。

「私立戦隊西南Ⅴ」第2話OPアニメ(4分) 監督 原 俊夫 (はら としお)
  ・1984年(8mm・ビデオ上映)西南学院高校有志 製作
「日々好日」(15分) 監督 宮澤英夫(みやざわ ひでお)
  ・1989年(8mm・モノクロ)九州大学映画研究部 製作
「hi-lite」抜粋(7分)監督 墨岡雅聡(すみおか まさあき)
  ・1986年(8mm・ビデオ上映)西南学院大学映画研究部 製作
               ぴあフィルムフェスティバル 入賞
「特撮博物館『巨神兵東京に現わる』ミニチュアセット」
  ・2012年(8mm)撮影 宮澤英夫(2分)  
「死刑代執行人」(30分)監督 宮澤英夫
  ・2102年(8mm) 宮澤動画工房 製作

 fbページにても各種情報を公開いたしております。
大活動寫眞會 弐 REAL FILM FESTIVAL~ビデオからフィルムへ~
http://www.facebook.com/events/297348630364910/
 

 フィルムの存亡に関するシンポジウムを、併せて行ないます。
 他にも上映を予定している作品がございます。お楽しみに
by 8mmhozon | 2012-11-23 14:15 | 自主上映会告知

 私が久々にフィルムで撮った、新作8mm映画「死刑代執行人」の​予告編です。
 先日もミニ・メイキング映像を公開していましたが、本編の体裁は'70~'80年代に量産された刑事​ドラマへのオマージュになっています。
 オリジナルフォーマットは​8ミリフィルムで、まもなく販売サービス全終了となるフジフィル​ムsingle-8で私が撮る、恐らく最後の作品です。
 カメラマンとして、佐賀ではちょっと有名なあの下津優太君に参加してもらっています。
 初公開​は3/​17に、佐賀市内のミニシアター「シアターシエマ」で行なわれるオープンシネマコンソーシアム佐賀の上映会で、全体構成の都​合上HDコンバージョン短縮版となりそうです。
 本来なら直に8​ミリ映写機を用いての全編上映が望ましいのですが、今回は仕方ないようです。
 ちなみに関東方面の方には、今年10月あたりに行なわれるCINE VIS CINEMAにて映写機上映で全長版が公開される予定ですので、しばらく間が空きますが、お楽しみに。
by 8mmhozon | 2012-03-01 18:17 | 映像作品公開
 2011年も残すところ後一週間足らず、蔵出し記事更新の時期がやってまいりました。
 とはいえ、先日行なった8mmイベント以来、私のブログ全体の更新がほぼ滞った状態になっており、もちろん仕事の忙しさにかまけて更新を怠っていたのですが、この機会を借りて活動報告の総ざらえを行なう所存です。
 今年の詳しい所感は全ての記事を通して追々列記することに致しますが、今回は蔵出し一発目として、「宮澤動画工房」の枠で前回から新規に導入したフィルム機材を、名前型番だけでも紹介することに致します。

カメラ(スーパー8)
 ELMO SUPER103T  買値¥500
 ライキナスペシャル(バッテリーパック欠損)  買値¥29800

8mm映写機(サウンドS規格)
 フジカスコープSH9 (junk) 買値¥2500
 フジカスコープSD20QUARTZ(ステレオ2トラック) 買値¥25000
 フジカスコープSH5(後期) 寄贈品
 ELMO ST-600(モノラル2トラック) 買値 ¥2000程度

8mm映写機(サイレント)
 リコーオート8(JUNK,WS兼用) 買値¥500

スプライサー(S規格)
 LPLスプライサーデラックス 買値¥1000
 LPLサウンドスプライサー 買値¥2000程度

アクセサリー
 ELMOスーパーインポーザー(ELMO 103T/204T用) 買値¥1500程度

 S規格(シングル8、 スーパー8)については以上ですが、先のイベントでダブル8(レギュラー8)をも扱う必要が出てきて、そんな経緯でダブル8の機材もそろえるようになったのです。

ダブル8専用カメラ
 フジカ8 T3(三本ターレット) 買値¥5000
 ヤシカ8(二本ターレット) 買値¥1000
 ベル&ハウエル デュオフレックス(ズームレンズ1本) 買値¥5800

ダブル8専用映写機
 セコニック8(恐らく初期型) 買値¥1500程度

 そして仕事上、業務用にも使われることの多い16mmフィルムを扱う必要が出てきたので、16mm用の機材も導入致しました。

16mm映写機
 ELMO 16AA 買値¥7800
 ELMO 16-A(空リール1本、現像済み16mmフィルム2本付属)
  買値¥10000

 その上、私が8mm製作を始めて以来、参考資料のレビュー、広告に載っていて当時から欲しくて仕方なかったものが、今年に入ってバタバタと、まるで点けた明かりに群がる蛾のように私の懐に飛び込んできたのです。

ELMO マグネストライパー (サイレントのスーパー8フィルムに音声用のマグネテープを自動で貼り付ける機械) 買値¥5000

GOKO TC-20 (同社24面プリズムエディターを利用した8mm用簡易テレシネアダプター) 買値¥49000

フジマクロシネコピーチューブ (フィルムの一齣を直接、銀塩35mmカメラで撮影するtoマウントアタッチメント) 買値¥4900

 上記のものも含めて現在もう、うちの機材棚そのものが小型映画歴史博物館の様相を呈しているのに、それに更に追い撃ちをかけるような時代物の逸品も転がり込んできました。

パテベビーカメラ (9.5mm) モトカメラ社製(戦前) 寄贈品

 データそのものが希少なので断定は出来ませんが、恐らく1920年代にフランスのモトカメラ社が最初に生産した、初期モデルA型だと思われます。

 今回は諸々時間がなくて、急ぎ足で新着の機材を画像なし型番のみで紹介するに留めましたが、年明けには画像つきで詳しい説明をはさみつつ、上記の逸品をゆっくりご覧いただけるように致します。
 なおデータ的な漏れや誤記があった場合も、次回の機材紹介の記事で訂正して記載することにしますので、ご容赦のほどを。
 では明日の「宮澤英夫活用研究」の更新にご期待ください。
by 8mmhozon | 2011-12-26 04:03 | 8mm機材
b0182666_0141271.jpg

 前々から自前で8mmのイベントやるイベントやる、とネットでもリアルでも後ろ盾も乏しいのに大言壮語していましたが、この度ようやく佐賀市の方で企画が通って、今秋にイベントが開催される運びとなりました。
 イベントの内容については、上記のチラシ(これを拡大印刷してポスターに仕立てます)に表わしてある通りで、会場の管理責任者である佐賀市が予定を違える事態でも起こらない限り、変更は加わらないものと考えております。
 上記のチラシでは記載すべき最小限の情報+αで収めていますが、当初の予定にない変更が生じた場合、当ブログおよび私が管理する複数のブログ経由で逐次お伝えいたします。
 もちろん当日配布するプログラムには、当日の上映スケジュールを明記いたします。

 それとこれは小情報ですが、本イベントで古いフィルムばかり扱っていて一般のお客さんには問題なくとも、作家でもある主催者としては物足りない、と春前より新作8mm映画の企画を立てておりました。そして始動以降、マネジメント面も撮影進行も極めてうまく行っていたのですが、 肝心のフジカラーラボの対応が先日さらに悪くなり、特に当初向こうが提示していた現像期間も延びて実際の納品期日も格段に遅滞を来たし、予定では当日に楽勝で上映できるはずだったのが、今出しているフィルムが来月初頭以降しか上がらないとなっては、本上映会の初公開を見送らざるを得ませんでした。完成すれば今日日のプロ・アマ問わず着目してしまう作品を佐賀から、と思っていましたが、作品のクオリティ重視を主眼とすれば、公開延期は致し方ないことたと考えます、

 ともあれ、地元民談「佐賀にはなんもなか」と称されるこの佐賀で、このような本格的映像イベントを興すのは戦後の映画絶頂期以来のことと見受けますので、ちっょとでも古い佐賀の映像に興味が御座いましたら、上記のポスターをご参照の上、柳町の歴史民俗館までお出でください。

 また映像製作を志す学生さん方、映像製作や撮影に興味のある学生と生徒の皆さんは、先人の映像・撮影姿勢を学ぶ絶好のチャンスだと考えますので、課題やarbeitに追われていない方であれば、温故知新の意味合いで一目の価値アリです。

 ともかく、佐賀歴史民俗館で古いフィルムの特別上映会を行ないます。期間内、会場は入場無料です。特に映像にご興味ない方でも、週休の穴埋めながてら、お気軽にお出でください。
 そして下に改めて、期日会場等の告知情報を列記します。 

とき:平成23年11月5日(土)・6日(日)〔両日同一演目〕
午後2時~午後4時
ところ:佐賀市歴史民俗館・旧古賀銀行(柳町2番9号)
入場無料
主催:宮澤動画工房(連絡先 080-2741-5176 西岡宛て)


それでは皆さんのお越しを、大変楽しみにお待ちしております

宮澤英夫(西岡英和)


by 8mmhozon | 2011-10-11 02:15 | 自主上映会告知


先日より、どうしてもこちらのページにYouTubeの動画を貼り付けることが出来ませんでしたので、本日少し改良を加えると同時にスキンのデザインも変更し、多量の画像をupられるようアドバンスにも登録し、イメージを一新しました。
 もちろん主眼は、のちのち本格的に「宮澤動画工房」のサイトを立ち上げる際の叩き台というか、機能の様子見です。これからも細かなところをチョコチョコ変えていき、可能性を探っていく所存です。

 そんで、先日はupられなかった「死刑代執行人」撮影現場を撮った動画を改めて載せちゃいました。こちらの窓口からしかお出でになってない方は、ぜひともご覧ください。
by 8mmhozon | 2011-08-21 04:42 | 宮澤動画工房自主企画

3.11

 3.11
 私、宮澤英夫(西岡英和)の誕生日であります。
 そして某メールマガジンなどで、9.11に倣ったのか東日本大震災を指す言葉として用いられています。

 本厄を迎えたこの折、ちょうど私も複数の新しい事業を立ち上げようと画策し、何とか年度代わりには新体制が敷ける、と意気高揚していたところでした。

 その晩にいちおう内々で誕生パーティーなどを開いてもらったのですが、グラスを傾ける傍らテレビ画面から悲惨を超える超衝撃的な映像と、背筋が凍結どころか石化にまで至るような報道が次々と押し寄せ、この先日本はどうなってしまうのだろう、と酔いで紛らすことも出来ず、とりあえず明日は朝一で毛布をあるだけ洗おうなどと決心していました。

 その後の展開は皆さんご存知の通りで、原発の件を覗けば、それでも困難な道のりではあるかもしれませんが、恐慌と比する混乱も生じず(まだ放射能云々でバインドがかかっている部分がありますが)着々と復興に向け全日本が動き始め、全世界も他人事ならざる災厄と見て援助を惜しまない姿勢が大勢を占めているようです。

 そして私も、映像製作において佐賀の素材を自分自身のために利用しよう、という発想のもと活動を展開しようという意向が存したのですが、この度の震災を受けて意識のベクトルが少し変化し、また震災直前に発覚した映像に関する別の要因にも基づいて、ある程度事業内容を変更することにしました。
 もちろん復興支援に寄与する映像コンテンツの製作やそれに類する活動、また佐賀の地盤を一方的に利用するばかりでなく佐賀在住の方々に直接訴えるような映像制作、そしてプレゼンテーションに力を入れることにしました。

 で、何やかやと進めたり指針を変えたりしている状態で心身ともに辛い状態ではないかというとそうでもなく、むしろこんな状況だからこそ燃えております。
 殊に他人のことなど無関心を通り越して、不可侵であるのが得策だと割り切る日本人の風潮を、もとより苦々しく思っていたところですが、コレがあって以来どうでも意識を変えざるを得なくなったようで、自発的に何か他人のために自分が出来ることをしよう、という意向が大勢となり、それと同時に、何々があったから不謹慎と見て自粛しよう、という経済総体の遅延を招く不毛な形式的思考停止に陥る頻度も少なくはなったようです。それでもまだ、直接被害や影響の及ばない地域の愚者が被災地に想いを馳せないばかりか、被災者の気持ちを汲もうとせず自分たちと同じ環境にいる感覚で、勝手な言を弄ずる例も少なくありません。

 しかし震災以前の日本人に蔓延していた「豊かで当たり前」という贅沢で愚昧な空気は取り払われつつあるようですから、私のように「自分でやろう」と考える人間にとって動きやすい環境にシフトしかかっているのは事実で、この基盤の元でいかにさまざまな展開を仕掛けていこうか、などと楽しい悲鳴をただいまの私は挙げております。

 ということで、何の因果か折も折、私の誕生日に日本の危機が始まってしまいましたが、私自身はこの逆風をセイリングテクニックによって正の推進力に変換するつもりです。
 そのメルクマール(指標)として、事業自体は既に動き出していますが、ここで正式に、

映像製作所「宮澤動画工房」立ち上げを宣言します。 そして発足期日は、いかにもな感じですが2011.3.11と致します。
 こんな状況下なので、本始動はしばらく後となります。始動後の活動予定などはまた後ほど、追々固まり次第お伝えすることに致します。では。

 そして当ブログ「8mm技術保存研究所」も、その発展形である「宮澤動画工房」発足を以って私の映像活動をお伝えする媒体としては、第一線から退ける所存です。
 それでも当ブログ自体を抹消するのではなく、活動指針や機材データなどの記載内容を新たに作成する「宮澤動画工房」サイトに移設し、サイト完成後は過去ログとしてサイトメニューの片隅に置いておくことにします。
 その「宮澤動画工房」公式サイトをまた新たにHTMLなど用いて作成するのか、それとも有料のアドバンス契約に切り換え現行のブログでHP様に仕立てるか、まだ明確な方針は立てておりませんが、いずれにしろもう少し見栄えよく多機能なサイトを用意する所存です。
by 8mmhozon | 2011-04-05 01:56 | その他